公募情報 PUBLIC OFFERING

公募情報

本領域研究では平成31年度に以下の概要で公募研究を募集する。

公募研究の位置づけ

公募研究では各研究項目において、計画研究と連携しつつ、独自の視点や手法により領域の目的にアプローチする研究を奨励します。また若手研究者や女性研究者が行う独自の研究も奨励します。公募研究の研究者は領域会議や若手集会、シンポジウムの開催などの企画にも参加して頂きます。

公募研究の予算規模

公募研究は研究費の上限を年間600万円とする計画を3件、400万円とする計画を8件募集します。
研究項目ごとに、採択数をほぼ均等に調整します。

公募研究の内容

研究項目A01では、配偶子インテグリティを体外培養で再構築するための革新的な培養システムの構築を目指す研究を公募します。マウス以外の動物種についても研究の対象とし、種間の相違を理解するとともに、ロバストな培養システムの構築を目指す研究を奨励します。
研究項目A02では、配偶子インテグリティの物質的基盤を明らかにする研究を公募します。配偶子インテグリティを非破壊的に定量化するための革新的技術や、微量サンプルから精度の高いオミクス解析を可能にする技術の開発などを研究の対象とし、配偶子インテグリティを支える分子メカニズムの解明を目指します。
研究項目A03では、高いインテグリティをもつ配偶子を構築する生体内のメカニズムを明らかにする研究を公募します。本項目は生体内における生殖細胞の選択機構の解明など、生殖細胞の品質管理機構の解明を目指します。本目的の達成に資する研究であれば、マウス以外の動物も研究の対象とします。

公募情報