イベントセミナーEVENT&SEMINAR

過去のイベント・セミナー

2022年2月9日(水)開催終了

【開催延期】第27回応用幹細胞医科学部門セミナー 第813回生体防御医学研究所セミナー
  • 主 催
    新学術領域研究「配偶子インテグリティ」共催
  • 開催日時
    2022年2月9日(水)17:00
  • 開催場所
    九州大学馬出キャンパス総合研究棟105セミナー室(オンラインへの変更あり)

【開催延期のお知らせ】

昨今の状況を鑑みて慎重に検討を重ねた結果、本会を延期することとなりました。

延期後の日程が決まりましたらお知らせいたします。

誠にご迷惑をおかけいたしますが、どうかご理解を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 

【第27回応用幹細胞医科学部門セミナー/第813回生体防御医学研究所セミナー】

新学術領域研究「配偶子インテグリティ」共催

日時: 2022年2月9日(水)17:00-18:00

場所: 九州大学馬出キャンパス総合研究棟105セミナー室(オンラインへの変更あり)

演者: 三井優輔先生(基礎生物学研究所・分子発生学研究部門・助教) 
演題: 分泌性蛋白質の可視化によって見えてきた、Wntと平面細胞極性の相互的制御関係

 

要旨

多細胞生物が形づくられるとき、細胞の位置や方向性は極めて重要である。脊椎動物の初期発生では分泌性シグナル蛋白質のWntがいわゆる「モルフォゲン」として、すなわち濃度勾配によって位置や方向性を与えると考えられてきた。しかし脊椎動物初期胚でのWntをはじめとするモルフォゲンの分布は大部分不明である。我々はアフリカツメガエル(Xenopus laevis)初期胚で位置情報に関わることが知られるWnt8が濃度勾配的な分布を示すこと、その制御に細胞表面の糖鎖を含む微小構造が関わることを見出した(Mii et al., Nat. Commun. 2017)。更にWnt蛋白質の動的な挙動を定量的に解析した結果、少数の自由拡散する分子が存在するものの、大部分は足場分子依存的に細胞表面に結合していることが示唆された(Mii et al, eLife 2021)。

 平面細胞極性(PCP)は多くの動物に共通してみられる細胞の方向性であり、身近なところでは我々の体毛の流れもその一例である。極性化した細胞において、コアPCP因子と呼ばれる一連の蛋白質は細胞内の片側に偏るという際立った特徴を示し、細胞が方向性を感知あるいは保持する際に必須であることが知られる。Xenopus初期胚では形態形成に関わると考えられるWnt11の異所発現によって、PCPが方向付けられるので、やはりWnt11も濃度勾配により作用する可能性が考えられている。しかし我々が内在性のWnt11を可視化したところ、PCPが明確になる中期神経胚の神経板ではグローバルな濃度勾配というよりもむしろ組織内全体に一様に分布していた。興味深いことにその分布を高倍率で詳細に見るとコアPCP因子に類似して、左右方向の細胞辺上に局在がみられた。更にコアPCP因子の発現阻害によって、内在性Wnt11の分布が阻害されるとともに、過剰発現系においてもWnt11がコアPCP因子依存的に局在化することを見いだした。これらより、Wnt11は従来考えられてきたようにグローバルな濃度勾配によって一方的にPCPを方向付けるのではなく、コアPCP因子はWnt11の局所的な足場を構成することで相互的な制御が存在し、これにより自己組織化的に平面細胞極性のパターンが形成されるという新たなモデルが考えられる。

 以上のXenopus胚での解析に加え、培養系で平面細胞極性を作る最近の試みについてもご紹介したい。

 

参加ご希望の方は下記までメールにてご連絡ください。

林克彦  hayashi.katsuhiko.104@m.kyushu-u.ac.jp

2022年2月9日(水)開催終了

第4回オンラインシリーズセミナー【領域内限定】
  • 開催日時
    2022年2月9日(水)16:30

第4回オンラインシリーズセミナー【領域内限定】

 

日時: 2022年2月9日(水)16:30〜

演者: 三浦恭子先生(熊本大学)

講演タイトル: 最長寿齧歯類ハダカデバネズミの老化耐性・発がん抑制メカニズム

 

問い合わせ先:尾畑やよい < y1obata@nodai.ac.jp >

東京農業大学生命科学部バイオサイエンス学科

 

2021年12月27日(月)開催終了

第3回オンラインシリーズセミナー【領域内限定】
  • 開催日時
    2021年12月27日(月)17:00

第3回オンラインシリーズセミナー【領域内限定】

 

日時: 2021年12月27日(月)17:00〜

演者: 澁谷大輝先生(University of Gothenburg)

講演タイトル: 減数分裂期相同組替えに必須な新規BRCA2結合タンパク質の発見

 

問い合わせ先:北島智也 <  tomoya.kitajima@riken.jp >

理化学研究所生命機能科学研究センター

 

2021年7月13日(火)開催終了

第2回オンラインシリーズセミナー【領域内限定】
  • 開催日時
    2021年7月13日(火)14:30

第2回オンラインシリーズセミナー【領域内限定】

 

日時:2 021年7月13日(火)14:30〜

演者: 佐藤俊朗先生(慶應義塾大学)

講演タイトル: オルガノイドによるヒト疾患生物学研究アプローチ

 

問い合わせ先:吉田松生 < shosei@nibb.ac.jp >

基礎生物学研究所生殖細胞研究部門

 

2021年7月12日(月)開催終了

第26回応用幹細胞医科学部門セミナー
  • 主 催
    新学術領域研究「配偶子インテグリティ」共催
  • 開催日時
    2021年7月12日(月) 16:00-17:00
  • 開催場所
    web会議システム zoom

この度下記の日程で、昆俊亮先生(東京理科大学・生命医科学研究所・がん生物学部門・講師)をお迎えして第26回応用幹細胞医科学部門セミナー(オンライン)を開催いたします。

昆俊亮博士は細胞競合の概念のもと、上皮組織内に形成されたがん細胞の代謝変化とその排除システムについて、細胞生物学的およびモデルマウスを用いた手法で精力的に研究をされています。細胞競合は発生・恒常性維持・疾患など様々な現象に関わることが示唆されており、今回のセミナーが皆様のご研究の一助となれば幸いです。

 

【第26回応用幹細胞医科学部門セミナー/新学術領域研究「配偶子インテグリティ」共催】
日時:2021年7月12日(月)16:00-17:00
・web会議システムzoomを使用したオンライン開催

 

演者:昆俊亮先生(東京理科大学・生命医科学研究所・がん生物学部門・講師) 
演題:細胞競合と発がん
要旨:上皮細胞層にがん変異細胞が少数産生したとき、「細胞競合」と呼ばれる正常上皮細胞と変異細胞が互いに生存を争う現象が生じ、その結果変異細胞が排除されることが近年明らかとなってきた。我々はこれまでに、細胞競合下のがん変異細胞ではワールブルグ効果様の代謝変化が生じること、さらには腸管上皮細胞に活性化Ras変異をモザイク誘導するマウスを作出し、同様の代謝偏諱がRas変異細胞の排除に必要であることを明らかにしてきた(Kon et al., Nat. Cell Biol., 2017など)。この細胞競合マウスモデルの解析を深化させ、ヒト家族性大腸がんで好発するAPC→Rasの変異蓄積の負荷による細胞競合の排除効率への影響を検討したところ、APC欠損下でRas変異をモザイク誘導した細胞では細胞非自律的にNF-κBシグナルが活性化し、MMP21の発現が著増することにより基底膜へとびまん性に浸潤することが分かった。この結果より、Wntシグナルの活性化は細胞競合の機能変容を来たし、Ras変異細胞のびまん性浸潤を促進することが示唆された。

 

参加ご希望の方は下記までメールにてご連絡ください。zoom参加の詳細をお送りいたします。

林克彦
hayashik@hgs.med.kyushu-u.ac.jp

 

 

2021年5月13日(木)開催終了

第1回オンラインシリーズセミナー【領域内限定】
  • 開催日時
    2021年5月13日(木)16:00

第1回オンラインシリーズセミナー【領域内限定】

 

日時:2021年5月13日(木)16:00〜

演者:戎家 美紀 博士(EMBLバルセロナ グループリーダー)

講演タイトル:ゾウの時間ネズミの時間の解明を目指して

 

 

問い合わせ先:林克彦 < hayashik@hgs.med.kyushu-u.ac.jp >

九州大学医学研究院応用幹細胞医科学部門ヒトゲノム幹細胞医学分野

 

2020年12月21日(月)ー23日(水)開催終了

新学術領域研究「全能性プログラム・配偶子インテグリティの構築」合同領域会議
  • 主 催
    新学術領域研究「全能性プログラム・配偶子インテグリティの構築」共催
  • 開催日時
    2020年12月21日(月)ー23日(水)
  • 開催場所
    東京農業大学世田谷キャンパス・百周年記念講堂

 

※いずれの日も以下の事前参加登録が必要となります。※参加費無料

 

 

◎一般参加者の事前登録はこちら(締切12月11日)

現地開催の可否は、新型コロナウイルスの感染状況を見ながら、12月10日前後に決定します。
但し、その後も緊急事態宣言の発出された場合や、会場側の事情により、現地開催が中止となる可能性があります。

 

 

当シンポジウムでは下記の新型コロナウイルス感染症予防対策を行います。
・収容定員に対する割合 20%以下 (200人参加として)
・発熱者の入場制限
・密集の回避(ロビーや休憩時間中を含む)
・入口に消毒液の設置または石けんによる手洗いの励行
・マスクの着用
・室内の換気(出入り口の開放)
・演者と聴衆の間隔の確保(2m以上)
・聴衆同士の間隔の確保(最低1m、極力2m以上)
・飲食はペットボトルまたは個人の水筒のみ(当日ペットボトルの配付あり)。
・懇親会は最終日の web 開催

 

 

【お問い合わせ先】 九州大学医学研究院ヒトゲノム幹細胞医学  林 克彦

          hayashik@hgs.med.kyushu-u.ac.jp 

案内PDFはこちら

【開催延期】 2020年6月25日(木)ー26日(金)開催終了

第2回有性生殖研究会
  • 主 催
    熊本大学発生研/「配偶子インテグリティ」共催
  • 開催日時
    2020年6月25日(木)
  • 開催場所
    九州大学病院地区 コラボステーション 2階 視聴覚ホール

【開催延期のお知らせ】

昨今の状況を鑑みて慎重に検討を重ねた結果、本会を延期することとなりました。

延期後の日程が決まりましたらお知らせいたします。

誠にご迷惑をおかけいたしますが、どうかご理解を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 

第2回有性生殖研究会

事前申し込みはこちらから↓

https://docs.google.com/forms/d/1bIZCrZhz0cS6bdero1_wG2E7Qx7_55Le65id_OluqLw/edit

 

案内PDFはこちら

2019年12月9日(月)開催終了

基礎生物学研究所 部門公開セミナー
  • 主 催
    新学術領域研究「配偶子インテグリティの構築」
  • 開催日時
    2019年12月9日(月)16:30-
  • 開催場所
    基礎生物学研究所 明大寺地区 1階 会議室

Chromatin based control of germ cell and early embryonic development in mice

Antoine H.F.M. Peters, Ph.D.

 

Friedrich Miescher Institute for Biomedical Research (FMI), Switzerland

 

In mammals, fusion of two highly differentiated gametes gives rise to a totipotent zygote capable of developing into a whole organism. The switch in cell fate coincides with translation and degradation of maternally provided transcripts, initiation of global transcription and “epigenetic reprogramming” of germline chromatin states into an embryonic state. Changes in chromatin are dynamic and occur in part in a parent-of-origin specific manner. I will discuss our ongoing efforts to unravel the role of Polycomb group proteins in epigenetic inheritance between generations, and in modulating chromatin states, nuclear organization and transcription in oocytes and early embryos.

 

連絡先:生殖細胞研究部門 吉田松生(5865)
shosei@nibb.ac.jp ※@は半角に置き換えてください

案内PDFはこちら

2019年12月2日(月)開催終了

第25回応用幹細胞医科学部門セミナー 新作術領域研究「配偶子インテグリティ」共催
  • 開催日時
    2019年12月2日(月)17:00
  • 開催場所
    九州大学 馬出キャンパス 総合研究棟1F 105セミナー室

 

【第25回応用幹細胞医科学部門セミナー/新学術領域研究「配偶子インテグリティ」共催】

日時:2019年12月2日(月)17:00-18:00

場所:総合研究棟1階105号室 対象:どなたでも参加可能です

演者:Antoine H.F.M. Peters(Friedrich Miescher Institute for Biomedical Research (FMI), Switzerland) 

    

Talk title: Chromatin based control of germ cell and early embryonic development in mice

    

Abstract: In mammals, fusion of two highly differentiated gametes gives rise to a totipotent zygote capable of developing into a whole organism. The switch in cell fate coincides with translation and degradation of maternally provided transcripts, initiation of global transcription and “epigenetic reprogramming” of germline chromatin states into an embryonic state. Changes in chromatin are dynamic and occur in part in a parent-of-origin specific manner. I will discuss our ongoing efforts to unravel the role of Polycomb group proteins in epigenetic inheritance between generations, and in modulating chromatin states, nuclear organization and transcription in oocytes and early embryos.

 

Peters博士はエピジェネティクスを基盤として、生殖細胞系列の発生過程を独自の視点から解析している世界でも有数の研究者です。特に近年では、エピジェネティクな遺伝現象(epigenetic inheritance)のメカニズムに関する知見を積み重ねており、この分野の最新の話題を提供してくれるものと思われます。今回分子生物学会での招待講演に合わせて、九大でセミナーをして頂くこととなりました。皆様のご参加をお待ちしております。

 

 

問い合わせ先:

九州大学医学研究院応用幹細胞医科学部門ヒトゲノム幹細胞医学分野

林克彦 < mailto:hayashik@hgs.med.kyushu-u.ac.jp >

RSS

イベント・セミナー