イベントセミナーEVENT&SEMINAR

開催告知

2019年4月25日(木)開催

第18回 応用幹細胞医科学部門セミナー
  • 開催日時
    2019年4月25日(木)17:00
  • 開催場所
    九州大学馬出キャンパス 総合研究棟1階105セミナー室

【第18回 応用幹細胞医科学部門セミナー、新学術領域「配偶子構築」セミナー共催】

 

日時:2019年4月25日 (木) 17:00-18:30 (質疑応答時間を含みます)

 

場所:総合研究棟1階105セミナー室

 

演者: 斎藤 通紀 先生

 

所属:京都大学・ヒト生物学高等研究拠点、医学研究科・機能微細形態学、iPS細胞研究所

 

講演タイトル: 生殖細胞の発生機構の解明とその試験管内再構成

 

講演要旨:

 生殖細胞は、精子・卵子に分化し、その融合により新しい個体を形成、我々の遺伝情報やエピゲノム情報を次世代に継承する細胞である。生殖細胞の発生機構の解明は、遺伝情報継承機構・エピゲノム制御機構の解明や幹細胞の増殖・分化制御技術の開発、不妊や遺伝病発症機序の解明につながる。

 我々は、培養ディッシュ上で、マウスES細胞/iPS細胞から、精子・卵子・さらには健常な産仔に貢献する能力を有する始原生殖細胞様細胞を誘導する技術を開発した。本培養系を用いて、始原生殖細胞を誘導する転写・シグナル機構の解明、エピゲノムリプログラミングの本態の解明、始原生殖細胞の増殖法の開発、始原生殖細胞から精子幹細胞の試験管内誘導、卵母細胞分化・減数分裂誘導機構の解明などに成功した。

 これら成果を基盤に、我々は、ヒトiPS細胞からヒト始原生殖細胞様細胞を誘導する技術を開発した。さらに、有用な霊長類モデルの一つであるカニクイザルを用いて、マウス・サル・ヒトにおける多能性スペクトラムの発生座標を解明、霊長類生殖細胞系譜が初期羊膜を起源とすることを見出した。また、最近、ヒト始原生殖細胞様細胞を卵原細胞に成熟させ、エピゲノムリプログラミングを誘導することに成功した。本講演では、我々のこれまでの研究成果の概要と最新の研究知見、また、今後の展望を議論したい。

 

Key Publications:

1. Yamashiro C, Sasaki K, Yabuta Y, Kojima Y, Nakamura T, Okamoto I, Yokobayashi S, Murase Y, Ishikura Y, Shirane K, Sasaki H, Yamamoto T, Saitou M. Generation of human oogonia from induced pluripotent stem cells in vitro. Science. 2018 362:356-360.

2. Nakamura T, Okamoto I, Sasaki K, Yabuta Y, Iwatani C, Tsuchiya H, Seita Y, Nakamura S, Yamamoto T, Saitou M. A developmental coordinate of pluripotency among mice, monkeys and humans. Nature. 2016 537:57-62.

3. Sasaki K, Yokobayashi S, Nakamura T, Okamoto I, Yabuta Y, Kurimoto K, Ohta H, Moritoki Y, Iwatani C, Tsuchiya H, Nakamura S, Sekiguchi K, Sakuma T, Yamamoto T, Mori T, Woltjen K, Nakagawa M, Yamamoto T, Takahashi K, Yamanaka S, Saitou M. Robust In Vitro Induction of Human Germ Cell Fate from Pluripotent Stem Cells. Cell Stem Cell. 2015 17:178-94.

 

連絡先:

医学研究院 応用幹細胞医科学部門 ヒトゲノム幹細胞医学分野

林克彦

2019年5月28日(火)-29日(水)開催

第13回日本エピジェネティクス研究会年会
  • 開催日時
    2019年5月28日(火)-29日(水)
  • 開催場所
    神奈川県民ホール・産業貿易センター

2019年6月5日(水)-6日(木)開催

2019遺伝研研究会(熊本大学発生研共催) 「有性生殖における染色体・クロマチン・核動態」
  • 開催日時
    2019年6月5日(水)12:40
  • 開催場所
    国立遺伝学研究所 講堂

「有性生殖における染色体・クロマチン・核動態」

概要

本研究会は生殖細胞発生、性分化、受精、減数分裂、初期発生など有性生殖に関連する様々なテーマを題材とする染色体・核・クロマチン研究の内容についての意見交換と交流促進を目的とする。有性生殖を題材とする研究でありながら、これまで細分化されていた異分野の研究者が一同に会する場を提供することにより、枠組みにとらわれない新しい有性生殖研究のコミュニティーに発展させることを目指す。さらに遺伝学研究所には染色体・クロマチン・核ダイナミクスを専門とする研究者も多く、有性生殖研究の側面からの活発な交流が期待される。これまでこのような趣旨の研究会は前例がなく、新たな試みとして国立遺伝学研究所と熊本大学発生医学研究所の共催シンポジウムとして開催する。

 

開催日時 2019年 6月5日 12:40-18:00

                   6日  8:50-16:00

 

世話人

国立遺伝学研究所 酒井則良 

熊本大学発生医学研究所 石黒啓一郎

https://www.nig.ac.jp/nig/ja/research/nig-meetings?id=1104

http://www.imeg.kumamoto-u.ac.jp/iden_imeg2019/

案内PDFはこちら
RSS

    イベント・セミナー