研究内容 CONTENT

A02 塚本班

卵子形成過程で合成される脂肪滴と卵子インテグリティの分子基盤に関する研究

脂肪滴はリン脂質の一重膜が中性脂肪を取り囲んだオルガネラで、真核生物の細胞に普遍的に含まれる。ほ乳動物の卵子や受精卵に脂肪滴が含まれることは古くから知られているが、動物ごとに脂肪滴の含量が異なる理由や生理学的役割の多くは未だに不明である。最近、私たちは脂肪滴含量が少ないマウスの卵子から非破壊的に脂肪滴だけを単離する新たな手法を用いて、適量の脂肪滴を細胞内に保持することが着床までの胚発生に必須であることを明らかにした。このことから脂肪滴はその含量に関わらず、初期胚発生において重要な役割を担うと考えられる。本研究では、2つの課題①卵子形成過程における脂肪滴の出現時期の解析と②卵子に含まれる脂肪滴関連タンパク質の同定と機能解析に取り組むことで、脂肪滴と卵子インテグリティに関わる分子基盤を明らかにする。

※画像をクリックすると拡大します。
研究組織
主要論文

塚本 智史

  • Aizawa R, Ibayashi M, Hatakeyama T, Tatsumi T, *Tsukamoto S.

    Impact of short-term high-fat feeding on lipid droplet content in mouse oocytes.

    J Reprod Dev. 67(1): 73-77. (2021)

  • Aizawa R, Ibayashi M, Tatsumi T, Yamamoto A, Kokubo T, Miyasaka N, Sato K, Ikeda S, Minami N, *Tsukamoto S.

    Synthesis and maintenance of lipid droplets are essential for mouse preimplantation embryonic development.

    Development. 146(22): dev181925. (2019)

  • Tatsumi T, Takayama K, Ishii S, Yamamoto A, Hara T, Minami N, Miyasaka N, Kubota T, Matsuura A, *Itakura E, *Tsukamoto S.

    Forced lipophagy reveals that lipid droplets are required for early embryonic development in mouse.

    Development 145(4), dev161893. (2018)

  • *Tsukamoto S, Hara T, Yamamoto A, Kito S, Minami N, Kubota T, Sato K, Kokubo T.

    Fluorescence-based visualization of autophagic activity predicts mouse embryo viability.

    Sci Rep. 4:4533. (2014)

  • Yamamoto A, *Mizushima N, *Tsukamoto S.

    Fertilization-induced autophagy in mouse embryos is independent of mTORC1.

    Biol Reprod. 91(1):1-7. (2014)

  • *Tsukamoto S, Hara T, Yamamoto A, Ohta Y, Wada A, Ishida Y, Kito S, Nishikawa T, Minami N, Sato K, Kokubo T.

    Functional analysis of lysosomes during mouse preimplantation embryo development.

    J Reprod Dev. 59(1):33-39. (2013)

  • Tsukamoto S, Kuma A, Murakami M, Kishi C, Yamamoto A, *Mizushima N.

    Autophagy is essential for preimplantation development of mouse embryos.

    Science. 321(5885):117-120. (2008)

研究内容一覧へ