研究内容 CONTENT

A03-9 重信班

共生微生物による配偶子インテグリティの構築とその制御

私たちは昆虫アブラムシの生殖細胞の形成に共生細菌が必須であることを発見した。アブラムシはブフネラと呼ばれる細胞内共生細菌と絶対共生の関係にあるが、共生細菌を除去すると、宿主昆虫の始原生殖細胞は消滅する。

本研究の目的は、共生細菌による宿主生殖細胞のインテグリティの構築とその制御機構を解明することである。そのためにシングルセルRNA-seq等最先端のゲノム科学的技術を用いる。本研究は、配偶子インテグリティの諸問題に対して「異種間相互作用」という新たな視座を与える。

※画像をクリックすると拡大します。
研究組織
主要論文

重信 秀治

  • Uchi N, Fukudome M, Nozaki N, Suzuki M, Osuki K-I, Shigenobu S, et al.

    Antimicrobial Activities of Cysteine-rich Peptides Specific to Bacteriocytes of the Pea Aphid Acyrthosiphon pisum. Microbes Environ.

    Japanese Society of Microbial Ecology · The Japanese Society of Soil Microbiology;2019;: ME18148. doi:10.1264/jsme2.ME18148

  • Shigenobu S, Stern DL.

    Aphids evolved novel secreted proteins for symbiosis with bacterial endosymbiont.

    Proc Biol Sci. 2013;280:20121952–20121952. doi:10.1098/rspb.2012.1952

  • Shigenobu S, Wilson ACC.

    Genomic revelations of a mutualism: the pea aphid and its obligate bacterial symbiont.

    Cell Mol Life Sci. 2011;68:1297–1309. doi:10.1007/s00018-011-0645-2

  • Nakabachi A, Shigenobu S, Sakazume N, Sakazume N, Shiraki T, Hayashizaki Y, et al.

    Transcriptome analysis of the aphid bacteriocyte, the symbiotic host cell that harbors an endocellular mutualistic bacterium, Buchnera.

    Proc Natl Acad Sci USA. 2005;102:5477–5482. doi:10.1073/pnas.0409034102

  • Shigenobu S, Sakaki Y, Watanabe H, Hattori M, Ishikawa H.

    Genome sequence of the endocellular bacterial symbiont of aphids Buchnera sp.

    APS.Nature. 2000;407: 81–86. doi:10.1038/35024074

研究内容一覧へ