研究内容 CONTENT

A03-8 加藤班

原始卵胞に顕在する新規細胞質顆粒が担う原始卵胞の品質管理機構

RNA結合タンパク質が介する転写後遺伝子発現制御(RNA制御)は動物種を越えて卵子の品質管理に関わる必須の分子機構の一つです。哺乳動物の卵形成におけるRNA制御機構の研究はこれまで主に成長期あるいは成熟期卵母細胞が解析対象として用いられてきました。一方で、長期にわたる女性の生殖可能期間を達成するためには卵子のリザーバーである原始卵胞の品質を保つことが重要です。しかし原始卵胞のRNA制御に関する知見は極めて乏しいのが現状です。

私たちはこれまでに原始卵胞の活性化調節に卵母細胞で発現するRNA結合タンパク質が関わることを見出してきました。本研究では私たちが原始卵胞において見出した細胞質顆粒に焦点を当て、その動態・機能解析を通じてRNA制御が介する原始卵胞の活性化調節及び品質管理機構の解明を目指します。この目的の達成のため従来からの分子細胞生物学・遺伝学的手法に加え、イメージング・画像解析による定量解析を取り入れ、多角的な視点から原始卵胞の“姿”に迫りたいと考えています。

※画像をクリックすると拡大します。
研究組織
主要論文

加藤 譲

  • Kurumi Fukuda, Aki Masuda, Takuma Naka, Atsushi Suzuki, *Yuzuru Kato, and *Yumiko Saga.(*共同責任著者)

    Requirement of the 3'-UTR-dependent suppression of DAZL in oocytes for pre-implantation mouse development.

    PLOS Genetics,14(6):e1007476, 2018

  • Yuzuru Kato, Takeo Katsuki, Hiroki Kokubo, Aki Masuda, and Yumiko Saga.

    Dazl is a target RNA suppressed by mammalian NANO S2 in sexually differentiating male germ cells.

    Nature Communications,7:11272 doi:10.1038/ncoms11272, 2016

  • aRie Saba, aYuzuru Kato, and Yumiko Saga.(a共同第一著者)

    NANO S2 promotes male germ cell development independent of meiosis suppression.

    Developmental Biology, 385, p32-40, 2014

  • Yuzuru Kato and Masami Nozaki

    Distinct DNA methylation dynamics of spermatogenic cell-specific intronless genes is associated with CpG content.

    PLoS ONE, 7(8):e43658 (2012)

  • Yuzuru Kato Y, Masahiro Kaneda, Kenichiro Hata, Kenji Kumaki, Mizue Hisano, Yuji Kohara, Masaki Okano, En Li, Masami Nozaki, and Hiroyuki Sasaki.

    Role of the Dnmt3 family in de novo methylation of imprinted and repetitive sequences during male germ cell development in the mouse.

    Human Molecular Genetics, 16, 2272-2280 (2007)

研究内容一覧へ