研究内容 CONTENT

A02-2 八幡班

非破壊的可視化による配偶子インテグリティの予見

in vitro gametogenesisで作られる配偶子のインテグリティ(≒完成度、発生能)は、生体内で産生される配偶子と比べて著しく低い。この原因の解明には、配偶子や配偶子形成過程の細胞のインテグリティを予見する技術が極めて重要である。しかし、インテグリティを非破壊的に予見する方法は、これまで全く存在しなかった。一方で、研究代表者はこれまでに、細胞の内在性蛍光パターンを分析するCRIF(Combination of reflection confocal microscopy and innate fluorescence spectroscopy for cell-analysis) 細胞解析法を世界に先駆けて開発し、これにより細胞の生理状態を無処理、非破壊で診断することに成功している。

本研究では、この最新技術を基盤とし、配偶子のインテグリティを非破壊的かつ定量的に評価する世界唯一の技術を確立する事を目指す。具体的には、他の計画研究班と緊密に連携して、①インテグリティを予見する革新的技術基盤の確立、②卵子のインテグリティ予見システムの開発、③精子のインテグリティ予見システムの開発、④始原生殖細胞のインテグリティ予見システムの開発を行う。これにより内在性蛍光パターンに基づいて、卵子の発生能や精巣組織の精子産生能力などを予測するシステムを構築する。

※画像をクリックすると拡大します。
研究組織
主要論文

八幡 穣

  • Emge P, Moeller J, Jang H, Rusconi R, Yawata Y, Stocker R *Vogel V.

    Resilience of bacterial quorum sensing against fluid flow.

    Sci Rep. 6: 33115. (2016)

  • *Yawata Y, Nguyen J, Stocker R, *Rusconi R.

    Microfluidic studies of biofilm formation in dynamic environments.

    J Bacteriol. 198: 2589-2595. (2016)

  • *Yawata Y, Cordero OX, Menolascina F, Hehemann J-H, Polz MF, *Stocker R.

    Competition–dispersal tradeoff ecologically differentiates recently speciated marine bacterioplankton populations.

    Proc Natl Acad Sci USA. 111: 5622-5627. (2014)

  • Inaba, T, Ichihara T, Yawata Y, Toyofuku M, Uchiyama H, *Nomura N.

    Three-dimensional visualization of mixed species biofilm formation together with its substratum.

    Microbiol Immunol. 57: 589-593. (2013)

  • Takagi R, Fukuda J, Nagata K, Yawata Y, Nomura N, *Suzuki H.

    A microfluidic microbial culture device for rapid determination of the minimum inhibitory concentration of antibiotics.

    The Analyst. 138: 1000-1003. (2013)

  • Toda K, Yawata Y, Setoyama E, Fukuda J, Nomura N, *Suzuki H.

    Continuous monitoring of ammonia removal activity and observation of morphology of microbial complexes in a microdevice.

    Appl Environ Microbiol. 77: 4253-4255. (2011)

研究内容一覧へ

研究内容